【最新】今、最も売れている実業家の自伝ランキング(『過去は変えられる』など)

amazonでの最新売上ランキングを紹介しています。
1
三崎 優太
年商130億円の会社社長から、「犯罪者」への転落――。2019年9月6日、1.8億円を贖罪寄付したら死のう。これ以上生きていたって、どうせ辛いだけだから……。 「青汁王子」とメディアでもてはやされていた私は、法人税法違反の容疑で有罪判決を受け、「犯罪者」になりました。 「ざまあみろ」「脱税したカ…
2
松下 幸之助
昭和43年の発刊以来、累計400万部を超え、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー『道をひらく』。本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不…
3
エリック・シュミット
★話題沸騰!17万部突破!世界21か国で刊行! ★テレビ東京系「モーニングサテライト」、 日本経済新聞、週刊新潮他、絶賛・紹介続々! ★グーグル元会長兼CEO他、世界的ベストセラー 『HowGoogleWorks』の著者トリオ、待望の書下ろし! ★グーグルCEO、アップルCEO、ユーチューブCEO、…
4
ほぼ日刊イトイ新聞
任天堂の元社長、 岩田聡さんのことばをまとめた本です。 ほぼ日刊イトイ新聞に掲載された たくさんのインタビューや対談、 そして任天堂公式ページに掲載された 「社長が訊く」シリーズから重要なことばを抜粋し、 再構成して1冊にまとめました。 天才プログラマーとして多くの名作ゲームを生み出し、 任天堂…
5
瀧本 哲史
「私の著作活動は、この一冊のためにあった」――ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』の著者・瀧本哲史さんが全国の中学校を訪れて開講した特別講義「未来をつくる5つの法則」のエッセンスが本になりました。これからを生きる14歳に、そしてかつて14歳だったすべての人に届けたい一冊です。 2015年、…
6
南場 智子
「それにしても、マッキンゼーのコンサルタントとして経営者にアドバイスをしていた自分が、これほどすったもんだの苦労をするとは……。経営とは、こんなにも不格好なものなのか。だけどそのぶん、おもしろい。最高に。」――創業者が初めて明かす、奮闘の舞台裏。 なぜ途中で諦めなかったのか、いかにしてチーム一体と…
7
中沢 康彦
「答えはいつも本にある!」 2010年から売れ続けるブックガイドの決定版! 星野佳路代表が実践する名著30冊 を大公開! ビジネスリーダー必読の経営書。そのエッセンスと実践事例がこの1冊でわかる!   ―同業他社と差別化し、混戦から抜け出すために必要な教科書は? &…
8
杉本 貴司
ドラマ化!オリエンタルラジオ・藤森慎吾氏が主演! IT起業家の野望や苦悩に迫る。 【内容紹介】 記事の更新日には、ツイッターでトレンド入り。 各所で絶賛された人気連載が待望の書籍化! 野望、歓喜、破壊と創造、裏切り、絶望、嫉妬、勝利と敗北、再起。 ある者は去り、ある者は踏みとどまった――。 …
9
荒川 詔四
「繊細さ」を束ねて、「強靭なリーダー」になる。 世界№1シェアを誇る グローバル企業㈱ブリヂストン。 14万人を率いた元CEOが贈る、 「最強のチーム」を生む25の鉄則! 単に豪胆なだけのリーダーは本物ではない。 むしろ、内向的で繊細な人物のほうが、 優れたリーダーになる可能性を秘めている。 ■…
10
柳井 正
豪胆な父とは対照的に内気な息子・柳井正は、大学卒業後、家業の紳士服店を継いだ。やがて店をカジュアルウエアのトップ企業「ユニクロ」へと急成長させるまでには、数々の失敗の歴史があった。株式上場、急成長、業績低迷の実態に率直に触れつつ、高品質の衣料を低価格で売る秘訣、広告代理店任せにしない宣伝戦略、透明性…
11
ジョン・ドーア
【内容紹介】 あなたが目標に向かって 前進できないのは やり方が間違っているからだ アイデアを思いつくのは簡単。 実行がすべてだ! 「やるべきときに、やるべきことに集中できたのは、OKRのおかげだ」 ――ラリー・ペイジ(Google共同創業者) Amazon,Google,Intuit…
12
トマス・J・スタンリー
50万部突破『言ってはいけない残酷すぎる真実』の橘玲氏が絶賛!解説! 調査で明らかになったミリオネアの意外すぎる共通点。 純資産100万ドル(およそ1億1000万円)以上のアメリカの富裕層を対象に、大規模調査を実施。初めて分かった彼らの「成功の秘訣」とは<?br>大ベストセラー『となり…
13
川口 加奈
1回失敗したら終わり。……それっておかしくない? 中学2年生の冬、初めての「炊き出し」。 生まれた大きな疑問。 答えはすぐ近くにあった――。 「ホームレス」と「放置自転車」、 2つの社会課題を一気に解くビジネスモデルで、 すべての人に「居場所」と「選択肢」をもたらす NPO「Homedoor(ホ…
14
本田 宗一郎
y’ʏí”z‘—–³—¿z‘½­‚ÌŽg—pŠ´(Œy”÷‚ȃXƒŒ)‚ ‚è‚Ü‚·‚ªA‚¨“Ç‚Ý‚‚½‚¾‚­‚É‚ÍŽxá‚È‚ó‘Ô‚Å‚·ByƒAƒ}ƒ]ƒ“ƒZƒ“ƒ^[‚‚ç”­‘—‚‚½‚µ‚Ü‚·B‚¨‹}‚¬•ÖA‘ãˆø‚«AƒRƒ“ƒr‚ÉŽó…
15
フィル・ナイト
★ビジネス書大賞2018にて、大賞受賞! ★発売たちまち21万部突破! ★Netflixが『SHOEDOG』の映画化権を獲得 ★「2017年最高の書」の声、続々!! TBS「王様のブランチ」BOOK総合ランキング、第2位(12月9日) 読売新聞書評で紹介!(12月3日、評者柳川範之氏) 日経新聞書評…
16
松下 幸之助
人が本来持っている「素直な心」を養い、高めるには? 著者の長年の体験と鋭い洞察から生まれた、素直な心になるための貴重な指針の書。互いに責めあい、非難しあって暗い心で生活していくより、あたたかな心を通わせ、ゆるしあい励ましあって生きていこう――本書は、そんな願いをこめて書かれました。「お互い人間が最も…
17
藤沢 武夫
戦後、町工場から世界的優良企業へと飛躍した本田技研。本田宗一郎との二人三脚で世界的企業を育てあげた経営者が初めて明かす自らの半生と経営理念。ビジネスマン必読の人生の指南書 「おれは金はもってないけれど、金はつくるよ」 五木寛之氏が「きわめてまれな上質の、それも最上質の人間族の長老のような人物」と語る…
18
近藤 たかし
ときは明治初期。金儲けが卑しいとされていた時代に100以上の企業の設立に携わり、日本の経済発展を牽引した一人の男がいた。男の名は渋沢栄一。その思想の背骨には”論語”があった。次の一万円札の肖像となる伝説の人を、漫画で活写! 第一章論語と算盤 第二章打倒!官尊民卑 第三章商業は信なり 第四章自ら箸を…
19
齋藤 孝
きっと渋沢は嘆くだろう――「日本は真の資本主義を忘れている」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 豊富なイラストや図とともに、「渋沢の人生」と「不朽の名作」を1冊で学ぶ 2021年にNHKの大河ドラマの主人公に、そして2024年に1万円札の肖像が渋沢栄一に変わります。 …
20
ジョン P.コッター
「素直な心」が道をひらく 「いくつもの逆境をくぐり抜け、自分の夢を組織の夢に、さらに社会に奉仕する夢にまで高めた」 「『利益をあげているということは、社会に奉仕、貢献できている証である』という幸之助独自の利益観も意義深い」 (神戸大学大学院経営学研究科教授金井壽宏) コッターが、松下幸之助の生涯…
21
本田 宗一郎
「私たちの会社が一番大事にしているのは技術ではない」日本の自動車エンジンを世界的技術にまで高めたHONDAの創業者、本田宗一郎が爽やかに率直に仕事のエッセンスを語ります。景気の善し悪しを超えて“本物”を生むためのヒントの数々〈技能よりアイデアを〉〈責任回避会議を開くな〉〈「甘い記憶」を叩き出せ〉〈試…
22
小倉 昌男
y’ʏí”z‘—–³—¿z‘½­‚ÌŽg—pŠ´‚ ‚è‚Ü‚·‚ªAó‘ԗǍD‚Å‚·ByƒAƒ}ƒ]ƒ“ƒZƒ“ƒ^[‚‚ç”­‘—‚‚½‚µ‚Ü‚·B‚¨‹}‚¬•ÖA‘ãˆø‚«AƒRƒ“ƒr‚Ɏ󂯎æ‚è‘Ήžz…
23
青柳 恵介
日本国憲法誕生の現場に立会い、あの占領軍司令部相手に一歩も退かなかった男。常に活眼を世界に注ぎつつ、わが道を行く天衣無縫の気概。物事の筋を通し、自説を枉げぬ強靱さ。と同時に、内に秘めた優しさ、しなやかさ、ユーモア。端正な面立ち、洒落た身なり、寸鉄の片言……。正子夫人をはじめ、この男に魅せられた人々の…
24
リッチ・デヴォス
栄養補給食品や化粧品などを独自の販売手法で普及させたアムウェイ創業者の一人であるリッチ・デヴォス。彼の生涯に影響を与えた人物や集団とのエピソードを中心に、人生を豊かにし成功をもたらす価値観や原則、手法などの起業家精神を珠玉の言葉で綴る。…
25
森 功
日本一成功したサラリーマンは、都営団地に生まれた庶民の子だった。 1996年1月、ソフトバンク社長室の一角で『Yahoo!JAPAN』は産声を上げた。専属スタッフわずか3名のその会社を、「年商1兆円」の巨大IT企業に育て上げた男の名は、井上雅博。 世田谷の都営団地に生まれ、孫正義に見出された男は、…
26
ブラッド・ストーン
■アマゾン創業者ジェフ・ベゾス、奇才経営者の実像に迫る物語 インターネットに大きく賭け、買い物や読書の習慣を大きく変えてしまった アマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。本書は、その奇才の生い立ちから現在までを 詳細に追った物語である。 宇宙に憧れた聡明な少年が、ウォールストリートの金融会社をへて、 シアト…
27
橋下 徹
橋下徹が贈る、決して後悔しない生き方のすすめ! 変化の激しい現代社会。 組織の構成員としての生き方よりも、ますます個人としての生き方が問われている中で、 いかにして「自分にしかない強み」を武器にし、突き抜けた人になるかが、人生を大きく左右する。 挑戦を続け、自分自身が燃焼し尽した感を持てるよ…
28
片山 修
週刊東洋経済の人気連載の書籍化企画。 創業家の御曹司であるが故の葛藤、巨大企業の針路を決める重圧……、 知られざる逸話の数々から、その世界最大級の自動車メーカーを率いる男の実像に迫る 一気読み必至のビジネス・ノンフィクション! トヨタという巨大企業のトップが日々見る風景、挑戦、葛藤を知ることで、…
29
西川 善文
逃げたらあかん! 「不良債権と寝た男」、死に物狂いの仕事人生 安宅産業処理、平和相銀・イトマン事件、磯田一郎追放劇、銀行大合併、UFJ争奪戦、小泉・竹中郵政改革……。現場にいたのは、いつもこの男・西川善文だった。「最後の頭取」=ザ・ラストバンカーと呼ばれた著者が綴った、あまりに率直な肉声! マス…
30
上村 彰子
「2011年に小学校に入学した子どもの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう(ニューヨーク市立大学大学院センター教授キャシー・デビッドソン)。こんな予測が2010年代に世界に衝撃を与えました。しかし、その予言は新型コロナ(COVID19)によるパンデミックで思わぬ形で現実になろうと…
31
杉浦 泰
楠木建氏(一橋大学大学院教授、『ストーリーとしての競争戦略』著者)推薦! 500以上の社史を収集した「社史マニア」が贈る、 危機突破のストーリー&アイデア集!! サイバーエージェント・カルビー・ウェザーニューズ・無印良品・ Apple・日本マクドナルド・アイリスオーヤマ・ユニクロ…… 日米20社の…
32
八木 昌実
9割のマネジャーは「対話」が足りない。「人が育たない」「部下にやる気がない」「チームがまとまらない」……すべての原因はマネジャーにある!国内外の解散寸前の組織を数多く建て直したプルデンシャル伝説のマネジャーが教える「組織力強化」の極意!…
33
井上 篤夫
情報革命の先頭を走る男の生きざまを活写!孫本人が初めて公認した「正伝」 裸一貫から立ち上がり、いまや世界を見据える事業家となった孫正義。 その原点となる少年時代に始まり、アメリカでの青春期、ソフトバンクの創業、 インターネットや携帯電話事業への進出から、アリババの上場 そしてロボット事業に至るまで…
34
ミシェル・オバマ
世界45言語で発売、1000万部突破 国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラー 「生い立ちからホワイトハウス時代まで、フレンドリーで聡明なミシェルさんに、何度も泣いて笑って元気がでた。読了して一言。『最高!!』」――篠田真貴子さん(元経営職・「翻訳書、ときどき洋書」…
35
中島聡
*****忙しい日本人に支持されて、15万部突破!***** 世界を変えたのは「締め切りを守る男」だった 【世界を一変させたWindows95の設計思想を生み出した伝説の日本人が教える 人生を制するスピード仕事術】 本書の著者、中島聡氏は、 みなさんが今使っているパソコンの 「ドラッグ&ドロップ…
36
アシュリー・バンス
イーロン・マスクは、日本にいないタイプの次世代経営者のスター!宇宙ロケット、電気自動車のスポーツカー(テスラ・モータズ)、太陽光発電……未来の世界を創り出すために、大金を投じ、常に勝負し続ける豪腕経営者。次世代のスティーブ・ジョブズとも呼ばれる、今後ますます注目される異能の経営者イーロン・マスク初め…
37
ウォルター・アイザックソン
取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。全世界同時発売! 未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!! 本書を読まずして、アップルもITも経営も、そして、未来も語ることはできない。 アップル創…
38
リーアンダー・ケイニ―
スティーブ・ジョブズというカリスマ的リーダーを失った後、 アップルのCEOに就任した静かなる天才、ティム・クック。 彼は世間の不安をよそに、ジョブズとは180度違う経営方針で、 アップルを世界初の1兆ドル企業へと押し上げた。 クックのもとで、アップルは再生可能エネルギーの開発や サプライヤーの労…
39
是川 銀蔵
勝機を読み波乱の95年を生きた「最後の勝負師」唯一の自伝。 「本当に儲けようと思うなら、自分で経済の動きに注意すること。」(本文より)個人としては破格の数百億円の株取引に成功し、「最後の相場師」と称せられた”是銀”が93歳で記した唯一の自伝。若干16歳で単身満州に渡って商売を始め、朝鮮半島で成功失…
40
ウォルター・アイザックソン
取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。全世界同時発売! 未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!! 本書を読まずして、アップルもITも経営も、そして、未来も語ることはできない。 アップル創…
41
平井ナナエ
我らが望郷同郷の大親友‼ あのリターントゥヒューマン平井ナナエが遂に大望の第二弾発表‼ 大阪下町人情の中に生誕し情に熱く優しく過ごした日々を思い起こしたかの一冊‼ 幸せに成功するためには欠かせない秘伝記が丸ごと収まった集大成‼ 大親友で家族同然平井ナナエをよろしくマクシマム‼ 「神様はバリにいる」ア…
42
村上 世彰
「お金儲けは悪いことですか?」 2006年6月、ライブドア事件に絡みインサイダー取引を行った容疑で東京地検に逮捕され、のちに執行猶予つき有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。逮捕間際に言ったその言葉が印象的だった。以後、表舞台から姿を消したが近年株式取引の世界に復帰。その動向が注目されている。 …
43
スティーブ・ウォズニアック
スティー・ジョブズとともにアップルを創業した著者。そのプログラマーとしての才能はジョブズも崇拝する一方、経営者となることにまったく興味をしめさない生粋のエンジニア。名誉も地位もお金も求めず、人を喜ばせることしか考えていない規格外の男が、いまはじめて創業の秘話を語る。…
タイトルとURLをコピーしました