【最新】「仮想通貨」に関する書籍ランキング(『これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話』など)

amazonでの最新売上ランキングを紹介しています。
2
堀江 貴文
お金は変わる。そしていずれ「なくなる」――。2017年、バブルを迎えた仮想通貨市場。だが、その本質は投機対象でも決済手段でも、あるいはブロックチェーンという技術革新ですらない。お金という存在の正体に皆が気づき始めたことこそが、革命なのだ。ビットコインが目指した自由、イーサリアムがもたらす大変革、そし…
3
マルク・カルプレス
刊行の言葉(著者より) 「2014年2月、マウントゴックスは何者かによってハッキングされ、多額のビットコインが消失する事件が発生してしまいました。そして、警察と検察は消失の原因もはっきりしないまま、とりあえず私を逮捕したのです。 裁判の結果、私の無実は証明されましたが、本当につらい体験でした。 仮想…
4
中島 真志
フェイスブック「リブラ」の迷走。中国「デジタル人民元」の快進撃と、それを猛追する各国の中央銀行。さらにJPMなど大手銀行も独自開発へ動きだす。「デジタル通貨」の実用化をめぐるIT企業・民間銀行・中銀の三つ巴の争いを、第一人者が鮮やかに描く。…
5
上野義治
ビットコイン以外の仮想通貨はなにを買うべきか?仮想通貨投資を始めるときにまず読んでもらいたい入門書。仮想通貨の人気セミナー講師が執筆しました。仮想通貨の仕組みから、その価値、投資方法、被害にあわない心構えなど読み物形式で手軽に読めます。暴落したときや、高騰したときに何度も読み返して自分の投資スタイル…
6
サイドランチ
価格の高騰で注目が集まるビットコインですが、金融業界に革命を起こす新たなしくみなだけに色々なリスクもあります。本書では、これから私たちの生活を変えようとしているビットコインが何なのか? 儲かるのか? 危なくないのか? メリットだけでなく、弱点やリスクも含め、一からやさしく解説しています。 ●単なるバ…
7
ポイン
上場企業に入社するも、長時間労働による過労で倒れる。失職時の借金は600万円――著者・ポインを襲った絶体絶命のピンチを救ったのは、仮想通貨だった。 試しに買ってみたリップルが数か月で2500万円に。イーサリアム、モナコイン、ネムと買い増していったコインたちは、ピーク時には1億円の含み益を記録。見事…
8
小山晃弘
税務上の仮想通貨取引の現在とこれからをわかりやすく解説。個人で支払う?法人で支払う?仮想通貨に詳しい税理士が教える仮想通貨の税金の本!出た!これからの税金の本!仮想通貨の税金について一番わかりやすかった。――堀江貴文【目次】第1章 税務上の仮想通貨とは?第2章 仮想通貨税務の全体像第3章 仮想通貨の…
9
ビットバンク株式会社
ビットコインの話題が連日のようにニュースをにぎわせています。日本では2017年にビットコインについての新規制(仮想通貨法)が導入されたため、「仮想通貨元年」とよべる盛り上がりを見せています。一方で、ビットコインの仕組みには難解な点も多く、利用方法も分かりにくくなっています。本書はビットコインの概念や仕組み&#x3…
10
野口 悠紀雄
ビットコインをはじめとする仮想通貨が、世界を揺るがし始めている。管理主体を持たない通貨、国家の枠組みを超えた通貨として、経済・社会の枠組みを変え、ビジネスや日常生活をも変えようとしている。従来の通貨が脅かされるとき、何が起きるのか。そのインパクトと日本経済の課題を明らかにする。…
11
佐藤航陽
元Google米国本社副社長兼日本法人代表取締役社長村上憲郎元Apple米国本社副社長兼日本法人代表取締役前刀禎明推薦!「実際に空を飛ぶ機械が、数学者と機械工の協力と不断の努力によって発明されるまでには、百万年から一万年かかるだろう」ニューヨークタイムズにこのような社説が載ったのは、ライト兄弟が人類で初めて空を飛ぶわ&#x30…
12
ベン・メズリック
映画『ソーシャル・ネットワーク』後日譚。 ザッカーバーグを訴え、65億円をかっぱいだ怪人ウィンクルボス兄弟。 仮想通貨の黎明期、ビットコインに巨額のカネをつっこみ、世界第4位の仮想通貨長者となった兄弟の奮闘を描き出す実話! フェイスブックのアイデアをめぐる争いでザッカーバーグから巨額の和解金を得…
13
坂井 豊貴
仮想通貨の経済圏とは?「仮想通貨は終わった……」相場の暴落を機に、メディアには否定的な報道があふれかえった。しかし、ビットコインをはじめとする暗号通貨は、本当にこのまま消えてなくなっていくのだろうか。私たちは、まだ暗号通貨の本当の可能性に気づけていないのではだろうか。本書は、『多数決を疑う』『マーケ…
14
長尾 高弘
ビットコインを中心とした仮想通貨の情報技術面を詳述した教科書です。ブロックチェーンやマイニングの仕組みや非中央集権的なピアツーピア通信を基礎から解説します。プリンストン大学が開講したオンライン講義コースをベースとしています。Fintechの目玉とも言える仮想通貨の信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されて&…
15
グレッグ・カプラ
全米最強のトレーダー養成機関「プリスティーン」が、勝者のセオリーを初公開!デイトレーダーとして株式相場で成功するための心構えを凝縮した一冊です。最大の特徴は、皆が本当は気付きつつも忘れてしまいがちな事を、表現を変えながら執拗に繰り返し述べている点。本書によって、迷いの罠から逃れ、より信念を持って売買…
16
苫米地 英人
注目を集めているフィンテック、仮想通貨。すでにメガバンクが仮想通貨を発行すると宣言しているが、これは私たちの生活に大きなインパクトを与えることになる。何がどう変わるのか?ビジネスチャンスはどこにあるのか?いまフィンテックで使われている暗号技術を1990年代から研究してきた著者が、仮想通貨がもたらす未来を語&#x3…
17
頼藤太希
◎「見る・読む・深く・わかる」シリーズの一冊 『“株”のしくみ』『外国為替のしくみ』『金融のしくみ』『投資信託のしくみ』『J-REITと不動産金融ビジネスのしくみ』に続く第6弾は『仮想通貨のしくみ』です。 入門書の名のとおり、必要なテーマについてコンパクトにわかりやすくまとまっていることはもちろん…
18
及川圭哉
◎2019年、イチバン売れたFXの本。 16刷、7万1000部突破。2020年も続々、重版中! 本書は、トレーダー集団Fxism(エフエックスイズム)主宰者、及川圭哉によるガチで稼ぐためのデイトレードFXの本です。 著者の手法は、「10通貨ペアの値動きを比較し、ユーロ・ポンド・ドルの相関関係を分析…
19
山崎 重一郎
フィンテックの中核技術であるブロックチェーンについて、基礎から実装までをやさしく解説したプログラマ、エンジニア向け入門技術書。『MasteringBitcoin』の次に読むべき1冊!【目 次】1章 ツールの導入/2章 ビットコインとブロックチェーンの基本/3章 ビットコインの暗号技術/4章 ビットコイン・ワレット/5章 ブロッ…
20
名波 はるか
毎日、配当金がもらえるって!? そんなウソのようなホントの話が……実は、あるんです。ビットコインクイーンの著者が、仮想通貨のイロハから取引までを懇切丁寧に解説!【著者プロフィール】名波はるか(ななみはるか)レースクイーンを経て2002年からグラビアへ。〝元祖着エロクイーン〟として君臨し、多数の写真集、DVDをリリ&#x30fc…
21
Mr.ブルースカイ
 投資初心者では何から手をつけていいのか、何に気をつけたらよいのか、よくわからないと思います。本書では、「そもそも仮想通貨って何?」というところから、仮想通貨の買い方・売り方、安全な資産管理方法や仮想通貨の今後について解説していきます。皆様が仮想通貨トレーダーとして結果を出せる一助となれば幸いです。…
22
久田和広
発行:信長出版 「フィンテックの時代の到来で、あなたの未来が変わります!」 そんな衝撃的な言葉を投げかける著者による、これからの時代のお金の在り方と、 そんな時代への向き合い方を教えてくれる一冊。これまでのお金のサービスが革新的な 変化を遂げて、人々の生活がより豊かになる「フィンテック(FinT…
タイトルとURLをコピーしました